会社にバレずに自己破産できた!ビクビクしていた俺が通り抜けた3つの関門

By - Last updated: 火曜日, 4月 15, 2014
最近では自己破産した人達にも再チャレンジする機会が与えられるようになってきていますが、自己破産というイメージは、二度と立ち直れないイメージが未だに色濃く、できれば周囲に、特に会社には知られたくないと考えるでしょう。 自己破産すると、車やマイホームなど借金をした人の名義となっているものはすべて売却されてしまいます。そのほかにも自己破産をすると、ブラックリストに登録され、7~10年くらいの間はカードを作ることができなくなったり、銀行から融資を受けることもできなくなります。そのため、自己破産すると現在の生活が大きく変わってしまう場合があります。そのような自己破産を会社に知られずにいることは可能でしょうか? 結論からいえば、できないわけではありません。というのも自己破産したからといって、裁判所から会社に通知がいくわけではないからです。また、債権者が会社にまで取り立てに来ることは違法であり、貸金業規制法21条違反になります。自己破産すると官報に名前が載ってしまうため、ヤミ金から案内などが送られてくるようになりますが、その案内が人の目に触れなければわかりません。人の目に触れたとしても、その人が案内を見てヤミ金と気づかなければわからないでしょう。 唯一、官報には名前が掲載されてしまいますから、それを見られた場合は会社に知られてしまいますが、官報を常にチェックしている企業は多くはないでしょう。借金があったときは、電話や郵便など、もしくは自宅に取り立てがありますが、自己破産するとそうした取立てがなくなりますから、むしろ会社に知られる可能性は低くなったといえます。 ただし、注意をしなければならないのは給与の差し押さえです。債権者は貸付が回収する手段として訴訟を起こして給与を差し押さえすることがあります。そして差し押さえをされた場合、自己破産をしても差し押さえは解消されません。給与の差し押さえを解消するには破産手続き開始決定後に差し押さえの停止を申し立てなくてはならないのです。停止となった時点で、給与が債権者に支払われることはありませんが、免責許可決定が確定するまでは給与の差し押さえが続きます。
Filed in •

知らない間に友だちの連帯保証人になっていた!突然やってきた取り立て屋を追い返す3つの撃退法

By - Last updated: 水曜日, 4月 16, 2014
借金に苦しんでいる人の中には、親戚や身内、知り合いなどの保証人や連帯保証人になったばかりに借金を抱えてしまったという人が少なくありません。連帯保証人とは借金をした人と同等の義務を負うこと特約した保証人のことです。 保証人には「保証人」「連帯保証人」の2種類がありますが、保証人と連帯保証人では借金に対する責任がまったくといっていいほど異なります。「保証人」の場合、借金をした人に返済能力がある限り、借金をした人に取り立てがいきます。仮に保証人に取り立てがきても、借金をした本人に先に取り立てるようにいって断ることができます。100万円の借金があり、借金をした人が50万円の返済能力があった場合、保証人が支払い義務を負うのは50万円です。 しかし、連帯保証人は借金とした人と同様の返済義務を負います。そのため、借金をした人が返済を滞った場合、連帯保証人の方が取り立てられると見られた場合、借金をした人に返済能力があったとしても取立てはすべて連帯保証人の方にいく場合があるのです。また取り立てに対して連帯保証人は保証人のように「借金をした人の方へ」といって断ることができません。 借金の保証人にだけはなってはいけないといいますが、正しくは連帯保証人にだけはなってはいけないといっていいでしょう。 この連帯保証人ですが、自身で判断して連帯保証人になった場合はともかく、保険証などが使用されて、無断で名前を使われ連帯人になってしまったというケースが少なくありません。このような場合も、借金の支払い義務が生じるのでしょうか? 結論をいえばこのようなケースの場合、支払い義務は発生しません。この場合は名義が勝手に利用されて本人に契約の意思がないにもかかわらず連帯保証人にされてしまったわけですから、銭消費貸借契約が成立したとは見なされないのです。そのため、連帯保証人といっても支払い義務がないことを明記した内容証明によって取立てなどを回避することができます。 しかしながらそれでも債権者の中には取り立てを行うところがあるでしょう。その場合は、債務不存在確認訴訟を行うことによって回避することができます。
Filed in •

どうしても自己破産したくない人が最後にトライする4つの方法

By - Last updated: 木曜日, 4月 17, 2014
キャッシングを利用して返済が難しくなったとき、現在の日本で取ることができる手段が任意整理、特定調停、個人民事再生、自己破産です。
http://消費者金融ガイド.com/post-81/
自己破産とは、自分の資産をすべて売却しなければならない方法です。さらに7~10年程度の間、カードを制作することもできません。そのため自己破産をしたときには大きく生活を変わってしまう場合があります。そのため自己破産とは返済ができないときの最終的な手段といえます。 自己破産はしないで借金を軽減する方法が任意整理と特定調停、個人民事再生です。この手続きの中には書類が複雑で、専門的な知識が必要になるため弁護士に依頼を行った方がよいものがあります。   ・任意整理 任意整理とは裁判所などの公的機関を使わないで借金をした人と債権者が、借金の減額など借金の返済方法を話し合い、和解をする方法です。「任意」という言葉がつくように債権者が話し合いに応じる義務はありません。整理を行った後は通常3年間の間に返済しなければなりませんから、それだけの収入を得ていることを証明するなどしなければなりません。 任意整理は自分だけで債権者に対応を行う方法のため。官報や、破産者名簿に名前が載ることはありませんし、裁判所を介さないため、裁判所からの呼び出しなどはありません。   ・特定調停 特定調停とは簡易裁判所が間に入って借金をした人と債権者で借金の減額など借金の返済方法を話し合い、和解をする方法です。特定調停は、申立書などのひな型を使って自分で手続きを行うことが可能です。手続きにあたっては、特定調停申立書、財産の状況を明細に記した書類と申立手数料と手続費用を裁判所に提出します。特定調停では借金をした人と債務者の間に裁判所が指定した調停委員が入り和解を図ります。   ・個人民事再生 個人民事再生(個人再生手続)は、3年で返済することを条件に借金の5分の4を免除してもらう方法です。 個人民事再生では借金を5分の1に減らすことが可能なのですが、個人民事再生の手続きは借金の総額が3,000万円以下に限られています。また、個人民事再生ができるのは再生案が認められた場合に限るという条件もあります。 個人民事再生を行う場合は、弁護士との契約が必要になります。
Filed in •

弁護士費用を分割払い!借金問題で探し始めた上手な弁護士との付き合い方3選

By - Last updated: 金曜日, 4月 25, 2014
キャッシングを利用したとき、借入れをしたお金を返済するのは当たり前ですが、その当たり前のことができなくなると、クレジットヒストリーに延滞や滞納の履歴が記録されてキャッシング会社の利用ができなくなります。クレジットヒストリーとはキャッシングや返済の履歴情報で、貸金業者の間で共有されているため、あるキャッシング会社で延滞をして利用を停止されると、他のキャッシング会社に申し込みを行ってもそのキャッシング会社でも審査が通らない、どのキャッシング会社にいっても融資を断られるということになってしまいます。
http://xn--lck0c6eya6bc6282fz5b659bp61f.net/%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%83%e3%82%b7%e3%83%b3%e3%82%b0%e3%81%ae%e8%9e%8d%e8%b3%87%e3%81%8c%e9%80%9a%e3%82%89%e3%81%aa%e3%81%8b%e3%81%a3%e3%81%9f%e5%a0%b4%e5%90%88%e3%81%ae%e5%8e%9f%e5%9b%a0%e3%81%a8/
キャッシング利用を断られたといった何社もキャッシング会社に申し込みを行えばそれもクレジットヒストリーに記録され、やがてはブラックリストに載ってしまいます。ブラックリストに載ってしまうと一般のキャッシング会社は利用できなくなり、利用できるのはとんでもない高金利のヤミ金ということになります。そうなれば借金地獄です。 そうなる前に、借金をどうするのか、今後の自分のあり方というのを考えたいものです。このようなときに考えるのが今の生活を維持して少しずつでも返済を行うのか、それとも自己破産をしてすべてを失うのかということです。具体的には現在の日本では、任意整理、特定調停、個人民事再生、自己破産という4つの手段を検討することができます。このうち任意整理、特定調停、個人民事再生が現在の生活を維持して少しでも返済していく方法です。 これらの手段を考える場合、個人民事再生以外は細かい書類作成や専門的な知識が必要なことから弁護士を利用した方がいい場合があります。しかし弁護士に依頼すると、受任時に支払う着手金、成功の程度に応じて支払う報酬金、そして手数料や実費といった費用がかかります。案件によって金額は異なりますが、弁護士を利用した場合、数万円からの費用がかかります。借金をしている身で弁護士費用は痛いところです。この場合、分割払いに対応している弁護士を利用する方法があります。また弁護士へ依頼して成功するかどうかは弁護士との相性なども問題になります。そのため、公的な無料相談を利用して、そこで自分の問題を得意とする弁護士を選び依頼を行うようにするといいでしょう。弁護士費用は安いものではありませんから、依頼に際して費用を明示してもらうことも大事です。
Filed in •

自己破産する前に知って良かった!特定調停が救ってくれた3つの局面

By - Last updated: 日曜日, 4月 20, 2014
キャッシングを利用したら、借入れしたお金は返済することが当たり前ですが、どうしても返済ができない場合、最終的には自己破産することになります。ただし自己破産をすると、自分名義の資産をすべて売却しなければならなかったり、数年の間カードを作成することができないなど、今まで送ってきた生活を大きく変えることになります。そのため自己破産をする前に返済する手段を講じて自己破産をしない方法を考えてみましょう。そのひとつが特定調停です。 特定調停とは、簡易裁判所に申し立てることによって、借金をした人自身が債権者と話し合い、返済の条件等を変更してもらうように手続きをすることです。一見すると簡単なように思えますが、特定調停の特徴は、債権者との話し合いを自身で行わなくてはならないということです。弁護士などにすべてを任せることはできないのです。自信と債権者の間に入って和解を図ってくれるのが簡易裁判所です。簡易裁判所が調停委員という専門の人を指定し、その調停委員が借金をした人と債権者の話を聞いてくれます。 特定調停の難しいところは自分自身が債権者と向き合わなくてはならないという点です。特に大きな借金をしている場合、和解するのは容易なことではありません。 しかし、特定調停を行うと、キャッシング会社など債権者からの取立てや請求書を止めることができます。借金を返済できないとき、取り立ては一番つらいといえますから、それが止められるのは大きなメリットでしょう。またこうした交渉ごとは通常、弁護士などの専門知識がない場合手続きが難しいものですが、特定調停の場合、法律の知識がなくても手続きが行えることと、調停委員が間に入ってくれるため知識がないことについて心配がないというところでしょう。弁護士が入らないということは、弁護士への依頼料も必要ないということですから、借金をしている人によっては有効な点です。また、特定調停は他の債権処理に比べると、手続きが終了するまで時間がかからないといった特徴もあります。
Filed in •